ドトールコーヒーショップ 梅田シティ店、使い勝手抜群の梅田の穴場カフェ

ドトールコーヒーショップ 梅田シティ店は、高層ビルの並ぶ梅田エリアのなかでも、一際目を引く梅田スカイビルにあります。
庭園や展望台のある梅田スカイビルの散策がてら立ち寄るのにぴったりのお店です。

私は、梅田スカイビル内にある映画館が好きでよく観に行くのですが、映画の前後にお茶する時によく利用しています。
ドトールのフードメニューでは、ミラノサンドが好きでよく食べていました。

先日、訪問したところ、全粒粉サンドなるヘルシーなメニュー見つけたので注文してみました。
パンは、丸型で全粒粉たっぷりのナチュラルな味わい。

見た目には普通のハンバーガーのようですが、サンドしてあるのは豚肉でも牛肉でもなく、畑の肉とも呼ばれる大豆から作ったパテでした。
お肉のハンバーグとはまた違った深みのある味わいで、なかなか美味しかったです。

ドトールは地下にあるお店ですが、携帯電話の電波はよく届きますし、Wi-fiも入るので便利です。
ビジネスマンの多いエリアなので、平日のランチタイムは混雑していることも多いです。

店名:ドトールコーヒーショップ 梅田シティ店
住所:〒531-6090 大阪府大阪市北区大淀中 1‐1‐90 B100
電話:06-6451-9871

グリーングリル 岐南店、1日中モーニングをやっているカフェ

店名:GREEN GRILL グリーングリル 岐南店
住所:岐阜県羽島郡岐南町伏屋6-193
電話:058-214-3606

グリーングリルおすすめは1日中モーニングをやっているので、どの時間帯に行ってもドリンク代を払えば無料でデザートやちょっとした軽食がついてきてとってもお得です。

雰囲気もゆったりとしていていつもそんなに混んでいないので、他のお店に比べて密にならずに落ち着いて食事を楽しむことが出来ます。

グリーングリルは価格も手頃で、1000円出せばボリューム満点のハンバーグやエビフライなど洋食メニューが美味しく食べられるのでお財布にも優しいお店だと思います。

接客に関しては若いアルバイトの方が働いているイメージなので、可もなく不可もない一般的な接客かと思います。
特に徹底して接客の指導をしている感じではないので、接客態度に関しては普通だと思います。

グリーングリルはメニューも豊富で1日中モーニングをしているお店なので、年齢層は幅広く雰囲気も落ち着いていてガヤガヤしていないのでゆっくり落ち着いて食事をしたい方におススメです。

駐車場も広く、密になることも滅多にないので今のコロナウィルスが流行している時期にも他のお店に比べて感染リスクが少ないおすすめのお店だと思います。

吾妻茶寮、名古屋市中区大須にある抹茶のメニューが自慢の和カフェ

現在日本のスイーツに幅広く使用されているものの一つとして抹茶が挙げられますが口の中に広がっていくまろやかな甘みとほのかな苦みが魅力的ですよね。

そんな抹茶が大好きという方に是非おすすめしたいお店が名古屋の大須にあります吾妻茶寮という抹茶を使用したスイーツが自慢の和カフェです。
吾妻茶寮は創業100年以上の歴史があり長年に渡って名古屋市民に定評を得てきています。

店内の雰囲気は老舗ながら今の時代を感じさせる和の雰囲気を取り入れたインテリアが設置されているモダンな内装となっていて、若年層の客も視野に入れた雰囲気です。
決して広いお店ではないのですが、吾妻茶寮はとても静かな落ち着いた雰囲気ですので居心地がいいですよ。

抹茶フォンデュ(1609円)は女性から人気があるメニューで2~4名の複数人数で仲良く楽しむことができ抹茶好き同士の女子会にいいかもしれませんよ!

栗吾妻パフェ(1069円)はこだわりの抹茶の素材を贅沢に盛りこんだボリューム感あるパフェ!
抹茶ぜんざい(720円)は京都宇治抹茶を使用した抹茶の香り高い風味が味わえる高級感ある一品!

他にも吾妻茶寮の一押しのメニューは沢山ありますが、このお店のメニューほど濃厚で味わいのある抹茶を使用したお店はあまりないと思います。
行列ができるほどの人気店ですので抹茶好きな方は是非このお店の本格的な抹茶メニューを味わってみてはいかがでしょうか。

店名:吾妻茶寮
住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目22-33
電話:052-261-0016

かふぇにこ、富山県立山町にある心地良い時間が過ごせるエスニックカフェ

店名:かふぇにこ
住所:富山県中新川郡立山町利田1980-24
電話:076-482-2725

かふぇにこは、富山市の隣町、立山町にあるエスニック料理をメインとしたカフェレストランで、本当に静かな住宅街の中にあるお店です。

晴れた日には立山連峰がきれいに見える立地で、遠方から訪れた方はそれにも驚かれる様子。
かふぇにこ店内は木目が基調、観葉植物などでおしゃれな内装に仕上がっていて落ち着きます。

スープカレーがとてもおいしく、刺激が抑え目ながらしっかりスパイス感があり、また豚肉や野菜などトッピングも手の込んだ仕込みがされていて、さらに大きいこともあり、一つ一つがじっくりと味わえるのが魅力です。

また濃厚なデミグラスソースがたっぷりと使われたオムライスもかふぇにこのおすすめで、これらどちらも都会の専門店にも負けないようなクオリティーが自慢です。

土地代も大して高くないでしょうし、メニューのコスパも良いと思います。
ディナータイムでも3000円はいかない程度。

ランチタイムでは日射しで暖かな雰囲気になり、お子様連れでも気軽に立ち寄れるのもメリットですよ。

かふぇにこ店内スタッフもお客様重視、よけいなことは話さずに静かに見守っていてくれている感じ。
老若男女問わずおすすめしたいですね。

カフェ・グッデイズ、四條畷市にある乳幼児のいるママにも居心地の良いカフェ

店名:カフェ・グッデイズ Cafe Good Days
住所:大阪府四條畷市岡山3丁目2-33
電話:072-878-3930

数年前は、乳幼児のお子さんを野放しにしてランチができるレストラン、大阪に何件かありました。
ですが、令和の時代、そんなママの都合のよいレストランはいつの間にか激減してしまいました。

そんな中、開店して10年以上になるカフェ・グッデイズがあります。

カフェ・グッデイズは、JR学研都市線忍ケ丘駅から徒歩5分という立地だけでなく、車で来店の際も、近くにパーキングがあります。
駐車場のサービスチケットもお食事をすればいただけます。

カフェ・グッデイズ店内はとても広く、明るいのです。
真ん中にキッズスペースがあり、ママ友同士で食事をしながら、お子さんをキッズスペースで遊ばせておくことができます。

メニューは、シンプルにハンバーグランチやパスタランチもあり、手作り感があってとても美味しいです。
また、カフェ・グッデイズは月に1度ほどランチバイキングもあります。

今はバイキングはコロナの影響でやっていないそうですが、テイクアウトメニューもできて、500円のワンコインでロコモコ丼、根菜ゴロゴロカレー、オムライスもあります。
もちろんPayPay使えます。

またカフェ・グッデイズは団体客にもお薦めで、予約をすれば夜の貸切も可能のようです。
歓送迎会やお誕生日会などにも使えると思います。

土日祝は定休日ですが、相談すれば営業可能のようです。
わりと臨機応変に対応して頂けるので、利用しやすいと思います。

お近くで知らなかった方、乳幼児のいらっしゃるママさん、こんなところあったんだ。と思っていただけるようなレストランです。

グリンコーヒー元町1号店、川越市にある色々な種類のコッペパンが食べられるカフェ

店名:グリンコーヒー glin coffee 元町1号店
住所:埼玉県川越市元町1-1-20
電話:049-298-7006

グリンコーヒー元町1号店のおすすめなのは、甘いものからおかずになるもので、さまざまな具材がコッペパンに挟まれた料理を出してくれます。
さまざまな種類がコッペパンに挟まれていました。

グリンコーヒーのハムとたまごをコッペパンで挟んだハムたまごは、とても美味しくボリュームもけっこうあっておすすめです。
値段は340円とお手軽です。

またイチゴジャムマーガリンホイップというのはを甘さもほどよく食べやすい感じで、コッペパンとの相性もとても良くて、美味しく値段は250円とリーズナブルです。
ドリンクはアイスコーヒーのショートを頼み、値段は420円でした。

グリンコーヒー店頭でも食べられるものの、2階に席もしっかりあってそこで食べられることにしました。
そのときには、グリンコーヒー店内で食べるかどうか店員が聞いてくれたのですが、優しい感じの聞き方が嬉しいかったです。

またそのまま商品を持って2階に上がると思っていたら、まだ出来上がっていなかったので店員が2階の席まで持ってきてくれ、気づかいも良かったです。
そして出来上がったコッペパンサンドを持って来たときの愛想もとても良く、落ち着いた雰囲気も良い店員で、感じの良い接客だったです。

ケーキ喫茶niwa、関市板取にある手間のかかった小さなケーキ屋さん

店名:ケーキ喫茶niwa
住所:関市板取1691-1
電話:不明

ケーキ喫茶niwaは21世紀の森というところに行く途中にちょっくら見かけて、こんな所にケーキ屋があるなんて珍しいなと思い、ハイキング前にちょっと食べに行こうとして来店。
とてもとても小さなお店で、このあたりでは唯一のケーキ屋さんだそうで。

ケーキ喫茶niwaは珈琲に追加注文でケーキがついてくるというので、これを注文。
珈琲にこだわりがあるようで、店主の女性の方が厳選して選んでくれた珈琲豆を注文してからひいてくれるようで、かなりこだわりのあるやり方をしていただいているのだなという感じ。

ケーキはサンマルクというちょっと聞きなじみのないものを注文。
見た目はスクエア状の形をしたもので、カスタードムースとチョコムースをチョコのスポンジケーキでは差んでいるもののようで、生地の上にはキャラメルが固められており、クレームブリュレのようなパリッとした食感を味わえるようになっています。

食べてみるとサクサクする食感といい甘みがしっかりと伝わってきており、コーヒーとの相性もなかなかいいもの。
中もふわふわで食べやすさ抜群でした。

ケーキ喫茶niwaは、色々なところにすごく手間のかかっていることが十分に伝わってくるかなりいいお店だったと思います。