福助、小平市の青梅街道で味わう絶品武蔵野うどん

店名:手打ちうどん 福助
住所:東京都小平市小川町2丁目1307-20
電話:042-403-1500

福助は、今は青梅街道駅にありますが、以前、清瀬にあった頃からお気に入りの店です。
店は普通の一軒家で、実際に自宅の一階を店舗スペースにしているため、福助は飲食店とは思えないようなものです。

玄関で靴を脱ぎ、居間にお邪魔するといった雰囲気ですが、出される田舎うどん(地粉100%の武蔵野うどん)は絶品で、売り切れてしまうこともあるほどです。
以前は真矢みき似の美人な奥様と、もくもくと調理するご主人のお二人でしたが、最近はスタッフの方もいらっしゃって、皆感じの良い接客をしてくださいます。

福助は、小麦の選定には相当なこだわりを持っているとのことで、実際に小麦本来の味をとことん楽しむことができます。
小麦の香りでこんなにも違うものなのかと、この店で初めて知りました。

福助の定番は、そんな素朴な味わいを堪能できるざるうどん(550円から)ですが、田舎うどんと白うどんを半々で頼むのが特にオススメです。
うどん以外では、各種てんぷらが100円から楽しむことができます。

中でも、舞茸や半熟卵のてんぷらは絶品です。
薄いサクサクの揚げたて衣の歯応えが、こしの強いうどんにぴったりです。

味良し、香り良し、値段良し、三拍子揃った福助、青梅街道近辺に行った際には是非立ち寄っていただきたいお店です。